営業は厳しいよね。。。




本記事の信頼性
当ブログの管理人である営業マスターは、営業歴25年の超ベテラン。これまでに4社の勤務経験、取締役部長まで勤めた凄腕営業マンです!

営業マン受難の時代を証明するかのように、この20年の間、営業マンの数は2001年の968万人から、2018年にはついに864万人にまで減少した。これはピーク時に比べて、約100万人の営業マンが消滅したことを意味している。

https://diamond.jp/articles/-/227850 週刊ダイヤモンド 
営業マンは20年で100万人消滅!「営業不要」で生き残る企業の条件

営業マスター

営業歴25年の僕は、年収1000万以上を達成しています。でも、営業からの転職をオススメします!営業マンがAIやネットに勝つなんて到底無理です。IT系の別の職種か、せめてIT企業の営業マンになって、営業以外のスキルを身につけよう!

営業がきつい!ガマンは禁物な3つの理由【転職すれば?】

営業がきついから転職

営業がきつい!そんなお悩みを抱える営業マンも多いことでしょう。わたしも営業はきついなぁ・・・と思いながらも、25年も頑張ってきました。

一昔前なら、『営業は素晴らしい仕事だから、もっと頑張ろうぜ!』って言っていました。

でも、もうそんなことは言えません。時代が変わってしまったんです。

営業がきついならガマンは禁物、その3つの理由を解説します。

結論としては、営業からは足を洗ってIT系の別の職種かせめてIT企業の営業職を目指してください。ITに関りが薄いのであれば、その業界の営業マンはいずれ不要になります。

『単なる営業マン』からは早く卒業しましょう!

営業がきつい!ガマンは禁物な3つの理由

営業がきつい!ガマンは禁物な3つの理由

営業がきついなら自分の気持ちに素直になって良いと思います。

営業がきついと感じるには相応の理由があり、自分で説明できないだけで肌感覚でもう無理だなって思っているんですよ。

今日はその3つの理由を明確にしていきます。

営業がきつい!AIやネットには勝てない

営業がきつい!AIやネットには勝てない

営業がだんだんきつくなっている理由は、AIやネットの発達の影響です。旅行、保険、金融、食品、物販などなど。

もう何らかの形でAIやネットが入ってきていない業界はないはずです。

AIやネットは24時間365日、休みなく商品やサービスとユーザーをマッチングできます。

この不眠不休で働くAIやネットに、そもそも勝てるわけがないんです。

AIやネットに営業マンの代わりなんてできやしねーよ!っていう意見もあることでしょう。果たしてそうでしょうか?

この数年でさらに発達しているAIやネット。どんどん営業マンは不要になっているんです。

営業マンはもう不要?!インターネットマッチングと自動化・効率化が営業マンを駆逐する

営業マン受難の時代を証明するかのように、この20年の間、営業マンの数は2001年の968万人から、2018年にはついに864万人にまで減少した。これはピーク時に比べて、約100万人の営業マンが消滅したことを意味している。

https://diamond.jp/articles/-/227850 週刊ダイヤモンド 
営業マンは20年で100万人消滅!「営業不要」で生き残る企業の条件

営業がきつい!頑張っても報われにくい仕事

営業がきつい!頑張っても報われにくい仕事

営業は頑張っても報われにくい仕事です。営業を続けるならば、これは覚悟のうえでやった方が良いです。

新人の営業マンでも20万円の給料なのに、部下をいっぱい抱えて責任も重い営業課長が40万円しかもらえません。

目標や責任がどんどん増えても給料は上がっていかないのです。

それを覚悟に営業として頑張って昇進したいのであれば結構ですが、はっきり言って『営業』をそこまで極めるくらいなら、IT系の別の職種でスキルを身につけた方が良いです。

営業は頑張ってもスキルにならず報われにくい仕事なのです。

営業がきつい!スキルとして売り込みにくい

営業がきつい!スキルとして売り込みにくい

先ほどは営業は頑張ってもスキルにならず報われにくい仕事だと言いました。営業を10年やっていたと説明されても、他の会社では通用するかどうかわからないし、スキルとして魅力が伝わらないのです。

営業はスキルとして売り込みにくいです。

営業を極めるならば、営業以外のスキルを身につけないといけません。マーケティングとか、システムの知識とか、金融の知識とか。

とにかく、何かを販売したり提案しているだけの営業マンはその経験をスキルとして売り込みにくいです。

いまの会社でずっといままで通りの営業活動ができるのであれば良いのです、そんな保証はないのです。

明日、会社に来なくても良いと言われたら、すぐに他の会社で通用するスキルを売り込めますか?

営業はきつい仕事なのに、他の会社ではなかなか通用しないスキルなんです。だから、早めにIT系の別の職種に転職してスキルを身につけるか、せめてIT企業の営業になって、マーケティングやシステムに明るい営業マンを目指しましょう。

『単なる営業マン』は、もう不要なのです。

営業がきついなら早めに転職すれば?

営業がきついなら早めに転職すれば?

営業がきついなら早めに転職した方が良いです。早く決断すればそれだけ早く新しい実績が積み上げられます。

転職が早い方が自分の年齢も若いです。動くならいまです。

ただ、いきなり今の会社をやめて転職を始めるのは厳しいでしょう。生活もありますし。。。

だから、転職の『準備』を始めましょう。具体的には転職サイトへの登録、転職エージェントでの面談です。

準備だけならお金も時間もかかりません。誰にも迷惑はかからないし、誰にも知られることもありません。

ひそかに『準備』だけは進めておくのです。そして、自分のキャリアや将来目指したい方向性を模索するのです。

実際に『動く』のは『準備』をしっかりやってから。焦らずじっくりと転職活動することをオススメします。

転職活動の第一歩は転職サイトへの登録と転職エージェントでの面談です。まずは下記の登録から始めましょう!

転職サイトならリクナビネクスト

IT系や営業系の求人を検索できる

いろんな企業や職種を探せます!

転職エージェントならマイナビ

転職の相談や求人紹介が無料

営業マンの転職をサポートします!

まったく新しいスキルを身につけるならプログラミングスクールがオススメです。こちらも無料で体験できます!



【無料体験】プログラミングスクールのTechAcademy 詳しくはコチラ

まとめ 営業がきつい!ガマンは禁物な3つの理由【転職すれば?】

まとめ 営業がきつい!ガマンは禁物な3つの理由【転職すれば?】

今日は営業がきついならガマンは禁物!転職すれば?というテーマでお送りしました。

最後にまとめますと、営業がきついならガマンは禁物、その3つの理由は、

・営業はAIやネットには勝てない

・営業は頑張っても報われにくい仕事

・営業はスキルとして売り込みにくい

ということでした。

IT系の別の職種に転職するか、せめてIT企業の営業マンになって、営業だけではないスキルを身につけましょう。

まずは転職の『準備』から。転職サイトへの登録や転職エージェントでの面談を行いましょう。

新しいスキルとしてプログラミングスクールの無料体験もオススメです。

とにかく、きつい営業をやりながらも現状維持は一番ダメです。自分が変われるきっかけを自分で作っていくことが大切。

明日やろうはもうやりません。今日から転職の準備を開始しましょう!

以上、営業がきつい!ガマンは禁物な3つの理由【転職すれば?】でした!

営業って辛いよ。。。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

営業マスター

営業歴25年の僕は、年収1000万以上を達成しています。でも、営業からの転職をオススメします!営業マンがAIやネットに勝つなんて到底無理です。IT系の別の職種か、せめてIT企業の営業マンになって、営業以外のスキルを身につけよう!

-営業から転職したい

Copyright© 営業から転職したい!営業が向いていない!やりたくない人!そんな人向けのブログです! , 2021 All Rights Reserved.