営業は厳しいよね。。。




本記事の信頼性
当ブログの管理人である営業マスターは、営業歴25年の超ベテラン。これまでに4社の勤務経験、取締役部長まで勤めた凄腕営業マンです!

営業マン受難の時代を証明するかのように、この20年の間、営業マンの数は2001年の968万人から、2018年にはついに864万人にまで減少した。これはピーク時に比べて、約100万人の営業マンが消滅したことを意味している。

https://diamond.jp/articles/-/227850 週刊ダイヤモンド 
営業マンは20年で100万人消滅!「営業不要」で生き残る企業の条件

営業マスター

営業歴25年の僕は、年収1000万以上を達成しています。でも、営業からの転職をオススメします!営業マンがAIやネットに勝つなんて到底無理です。IT系の別の職種か、せめてIT企業の営業マンになって、営業以外のスキルを身につけよう!

【営業はやめとけ!】無理をして営業を続ける時代はとっくに終わった【IT業界への転職はお早めに】

営業はやめとけ

いま、営業マンとして頑張っているけど、営業ってこれからどうなるんだろう?

そんな疑問をお持ちの方や、

これから仕事で営業をやろうと思っているんだけど、営業って将来性はどうなんだろう?

そんな疑問をお持ちの方に向けて、本記事を書いています。

営業はやりがいのある仕事です。わたしも長いこと営業で頑張ってきましたから。

でも、本記事の結論として、これからは営業はオススメしません!

なぜなら、営業は衰退していく職種であり、これから頑張るならIT系の別の職種を目指す方が圧倒的に有利だからです!

営業はやめとけ!その理由は?

営業はやめとけ!その理由は?

営業はやめとけ!そんな風に言いたいです。理由は、AIやネットがますます発展し、営業の多くが不要になる時代が来るからです。

さっきも言った通り、わたしは営業経験者だし、営業職を知らずに営業をやめとけって言っているわけではないです。

むしろ、営業はやりがいのある素晴らしい仕事だと思っています。

ただ、時代は大きく変化して、ますますそのスピードを増しています。

若い人ほど、店舗ではなくネットでモノやサービスを購入します。

本、雑貨、衣類、旅行、保険、食品ですら、ネットさえあれば購入することができるようになっています。

モノやサービスを販売するためにいちいち人が介在することは、お客にとって『わずらわしい』ことになってきています。

売る側としても営業マンが不要になってきています。

人件費がかかり、1日8時間以上は労働させられなくなっています。(残業で頑張っている営業マンが多いのが実態ですが)。

営業マンは一度に大量に売りさばくことができず、疲れるし休みも必要です。

要するにコストがかかる割に、パフォーマンスが高くないのです。

だったら、AIやネットを駆使したECサイトでモノやサービスを紹介したり売った方が、圧倒的にコスパが良いのです。

24時間、365日、AIやネットは疲れることなく、確実にお客にモノやサービスを届けてくれます。

中途半端な実力の営業マンなんて、もういらないのです。。。

営業はやめとけ!もうひとつの理由は?

営業はやめとけ!もうひとつの理由は?

営業はやめとけ!と言いたい、大きな理由がもうひとつあります。

明確なスキルが残らず、転職や独立するのにも不利だからです。

営業職自体のスキルは素晴らしい価値があると思います。そのスキルや経験を活かせば、転職だって独立だって成功することができるような価値の高いスキルです。それが営業というスキルです。

でも、それは営業として圧倒的に突き抜けることができて、最先端の業界で引く手あまたな優秀な営業マンになれれば。

普通の業界で、普通の成績で、普通の人材というレベルの営業マンだとしたら、そんな人はたくさんいて価値のある人材とは言えません。

『営業以外で他に何ができるの?』って聞かれたら、多く営業マンは胸を張ってアピールできるスキルが無いはずです。

だから、営業マンは転職や独立をするのに不利です。

自分の業界のことや営業職としての知識は勉強するけど、それもスキルと言えるほどの専門特化した強みとは言えないケースが多いと思います。

営業はプロフェッショナルとして稼いだり、食っていくには難しい職種なのです。

営業をやめたらどうすればいいの?

営業をやめたらどうすればいいの?

わたしのオススメの身の振り方としては、IT業界のスキルが身につく職種への転職をオススメします。

具体的には、

・プログラマー

・デザイナー

・広告プランナー

・WEBマーケター

・人事、財務

・カスタマーサポート

・アナリスト


・動画編集者

どれも人手が不足していて、IT業界では転職が有利です。

今後も需要が伸びていくし、スキルも個人に残るような仕事が多いです。

IT業界はいろんな業界の仕事を扱うので、たとえば従来が食品業界だったり、観光業界だったのであれば、それを活かせるIT企業を目指すと良いです。

いままでの経験が活かせるからです。

また、IT業界は人材が不足しているため、未経験であっても優秀なポテンシャルをお持ちの方であれば、歓迎されるケースもあります。

プログラマーやデザイナーなどは働きながら通えるスクールなども充実しているし、アナリストやカスターサポートならプログラミングの知識は無くても務まります。

営業しかやってきていない人であっても何かしら興味関心の持てる職種や企業があるはずです。

営業マンとして活躍するという絶対的に譲れないこだわりがあるなら、それはそれで大いに結構ですが、そこまででもないのかな?って人は、IT業界の他の職種への転職を検討すると良いと思います。

転職したての頃は慣れずに大変かもしれませんが、5年後、10年後の頑張ったあとの自分の姿を想像してみて下さい。

このまま営業職を続けるよりも、良い未来が想像できそうだというのであれば、早めに行動した方が良いです。

営業職はますます厳しくなるし、IT業界の他の職種はますますニーズが高まるからです。

まとめ 【営業はやめとけ!】無理をして営業を続ける時代はとっくに終わった【IT業界への転職はお早めに】

まとめ 【営業はやめとけ!】無理をして営業を続ける時代はとっくに終わった【IT業界への転職はお早めに】

というわけで、今日は営業はやめとけ!その理由について解説しました。

繰り返し申し上げますが、わたしは営業歴25年の経験者であり、営業をある程度極めた部類の人間だと思っています。

そのうえで、これからの変化の激しい時代を想像すると、いままでのような営業マンがこの先もずっと通用するということは考えにくいです。

AIやネットに勝てる営業マンは、そう多く生き残らないとみています。

実際に、多くの企業では営業マンを必要としなくなっています。顧客も営業マンとやりとりすることをメリットというより煩わしさを感じるあまり、これだけネットでの取引が増大しているわけです。

AIやネットは便利で、営業マンは『あまり必要ではない』というのが現状なのです。

営業という分野で、圧倒的に突き抜けることができるのであれば、営業マンとしてのスキルや熟練度を極めることも良いと思います。

でも、営業という縮小していく領域で生き残るというのは至難の業です。

業界としても職種としても拡大していく、ITへの転職をオススメしています。

いきなり転職するというより、転職への準備をまずはじめましょう。

準備だけならお金もかからないし、時間もほとんど必要ありません。

転職サイト、転職エージェントなどを利用して、どんな職種や企業があるのかを探してみることから始めると良いと思います!

以上、【営業はやめとけ!】無理をして営業を続ける時代はとっくに終わった【IT業界への転職はお早めに】でした!

営業って辛いよ。。。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

営業マスター

営業歴25年の僕は、年収1000万以上を達成しています。でも、営業からの転職をオススメします!営業マンがAIやネットに勝つなんて到底無理です。IT系の別の職種か、せめてIT企業の営業マンになって、営業以外のスキルを身につけよう!

-営業から転職したい

Copyright© 営業から転職したい!営業が向いていない!やりたくない人!そんな人向けのブログです! , 2021 All Rights Reserved.