リクルートエージェントの使い方【転職に失敗したくない人は必見!】

2021年9月23日

転職
営業マスター
この記事は、20代後半男性の転職体験記事です。転職でお悩みだったり、リクルートエージェントの利用に迷っている方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

転職に成功したい方は、まずリクルートエージェントを利用するのがおすすめです。なぜなら、転職支援実績がNo.1のサービスだからです。[※]

※厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点

しかし上手く活用しなければ転職の成功率は下がってしまいます。あまり求人を紹介してくれなかったり、紹介された求人が希望条件にマッチしなかったりといった事態を招く可能性があるからです。

そこで本記事では、リクルートエージェントの上手な使い方について解説します。この記事で述べたポイントに注意しておけば、自分の希望に合った転職を実現できるでしょう。ぜひ参考にしてください。

無料で手厚い転職サポートを受けられる『リクルートエージェント』



無料登録はいますぐ!業界ナンバーワンの転職成功実績

リクルートエージェントとは

リクルートエージェントとは

リクルートエージェントとは、転職したい人に対してエージェントが無料で転職のサポートをしてくれるサービスのことです。転職支援の実績がNo.1の人材サービス総合サイトであり、以下のような特徴があります。

  • 求人数がたくさんある
  • コンサルタントが業界を熟知している
  • サポートが充実している

一般の求人サイトにはない非公開求人が10万件以上あり、それぞれの業界を熟知したエージェントが、利用者の希望やスキルに合った求人を見つけてくれます。さらに求人の紹介だけでなく、面接対策や職務経歴書の添削サービス。それに加えて、リクルートエージェントが独自に企業を調査した「AGENT Report」を提出してくれるので、業界研究に役立ちます。

無料で手厚い転職サポートを受けられる『リクルートエージェント』



無料登録はいますぐ!業界ナンバーワンの転職成功実績

リクルートエージェントの上手な使い方

リクルートエージェントの上手な使い方

リクルートエージェントの上手な使い方は以下の3つです。

  • 担当者に転職への積極的な意欲を示す
  • 職務経歴を詳細に伝える
  • 希望条件を詳細に伝える

担当者に転職への積極的な意欲を示す

リクルートエージェントの上手な使い方の1つ目は、「担当者に転職への積極的な意欲を示す」ことです。なぜかというと、優先して求人を紹介してもらいやすくなるからです。

転職エージェントは複数の利用者を受け持っているので、あまり意欲を感じられない人の優先度はどうしても下がってしまいます。

また転職エージェントは無料で利用できるサービスですが、それは会社から報酬が支払われているからです。利用者に求人を紹介し入社した段階で、その会社からリクルートに報酬が支払われるシステムです。

このような理由があるため、あまり意欲を感じられず転職が決まりそうにない利用者の優先度は下げられてしまいます。

転職への意欲を示す方法が2つあります。

  • 転職エージェントへの報連相を密にする
  • 転職希望時期は3か月以内と伝える

それぞれを解説していきます。

転職エージェントへの報連相を密にする

1つ目の方法は、「転職エージェントへの報連相を密にする」ことです。たとえば、転職エージェントへの返信は早めにするよう心がけてください。返信が遅いと意欲が低いと思われやすいです。結果、優先度を下げられてしまい、他の利用者の選考が進んで採用枠が埋まることもあるでしょう。

他にも、何か困ったり悩んだりすることがあるなら相談したり、退職時期が変わるなど元々の予定が変更になったときも逐一連絡したりしましょう。そうすればエージェントに、転職に対する積極的な姿勢が伝わります。

転職希望時期は3か月以内と伝える

エージェントに伝える転職の希望時期は3か月以内と伝えましょう。転職エージェントはすぐに採用が決まりそうな人材に対し、優先して求人を紹介する傾向があるからです。

リクルートエージェントのホームページから転職支援サービスに申し込むときに、「転職希望時期」の記入欄があります。そこには“すぐにでも”と入力するのがおすすめです。難しい場合でも“3か月以内”より長くなるのは避けましょう。

この理由は、リクルートエージェントのサービス提供期間が3か月を目安にしているためです。あくまで目安ではありますが、3か月以上かかるようなら転職エージェントからの優先度は下がってしまうでしょう。

転職支援サービスへの申込みは以下のURLから行えます。

無料で手厚い転職サポートを受けられる『リクルートエージェント』



無料登録はいますぐ!業界ナンバーワンの転職成功実績

職務経歴を詳細に伝える

リクルートエージェントの上手な使い方の2つ目は、「職務経歴・希望条件を詳細に伝える」ことです。なぜなら職務経歴に書く実績やスキルの内容が薄いと、転職エージェントが紹介してくれる求人が少なくなってしまうからです。

転職支援サービスの申し込みを進めると、プロフィール情報を入力する段階になります。そこで職務経歴を詳細に書くようにしてください。自分ではたいしたことないと思っているスキルや経験でも、他の業界では高い評価を得られるということもあります。転職エージェントならそれを見つけてくれるので、アピールできそうだと思ったことはしっかり書き込みましょう。

また職務経歴は、転職エージェントが希望する会社と話をするときに使う参考資料です。内容が充実している方が、会社からの印象もずっとよくなります。なので、職務経歴はできるだけ充実させることを心がけてください。

希望条件を詳細に伝える

リクルートエージェントの上手な使い方の3つ目は、「希望条件を詳細に伝える」ことです。希望条件があいまいだと、エージェントが利用者にマッチする仕事を上手く判断できません。結果、希望する求人の紹介を得られないでしょう。

プロフィール情報の入力では、職務経歴以外に“伝えておきたいこと”を書き込む欄もありますので、そこに希望条件を書いてください。

条件を伝えるときは優先順位も付け加えるのがおすすめです。どの要望も満たす求人というのは少ないため、希望する仕事をなかなか見つけられないでしょう。条件に優先順位を付けた方が、自分にマッチした求人を探しやすくなります。

希望条件がぼんやりしていたり、優先順位に悩んでしまったりする方は以下のリクナビNEXTの診断サイトを参考にするといいでしょう。3分くらいでできますので試してみてください。

3分間!適職診断/リクナビNEXT

リクルートエージェントを使ってみて感じたメリットとデメリット

実際に使ってみて感じたメリットとデメリットは以下の通りです。

メリット①:紹介してくれる求人の質が高い

メリット②:転職サポートが優れている

デメリット:転職サービスを受けるには積極性が必要

リクルートエージェントは転職活動に不安がある・失敗したくないという方に特におすすめだと感じました。私自身、そういった不安を抱えながら転職活動をしていましたが、上記に挙げたメリットのおかげで、希望する会社に転職できたからです。

メリット①:紹介してくれる求人の質が高い

メリットの1つ目は、「紹介してくれる求人の質が高い」ことです。リクルートエージェントは、経験豊富なエージェントが利用者の希望やスキルに沿った求人を紹介するのがウリですが、本当にその通りだと感じました。

私の場合、担当のエージェントの方が希望条件をしっかり満たしつつ、採用確率の高い求人を選んで紹介してくれました。「希望する会社に転職できるのだろうか」という不安を感じていましたが、紹介される求人を見ていると、「上手くいきそうだ」と思えるようなって、不安が和らいだのを覚えています。そして実際に上手くいきました。

メリット②:転職サポートが充実している

メリットの2つ目は、「サポートが充実している」ことです。

たとえば、転職エージェントに面接で失敗したくないという相談をすると、「面接準備シート」という資料を送ってくれました。その資料は、「自己紹介」「転職理由」「志望動機」の書き方のコツや、面接でよくある質問と回答のポイントが細かく書かれていて、非常に参考になる内容です。さらに電話による模擬面接も実施してくれて、本番同然の練習を事前にすることができました。

このようなサポートがあったおかげで、実際の面接でも必要以上に緊張せずに臨めたと思います。予想通りの質問も8割くらいあって、あまり詰まることなく話せました。

デメリット:転職サービスを受けるには積極性が必要

デメリットとしては、「転職サービスを受けるには積極性が必要」なことだと思います。

たとえば、きちんと自分の希望を伝えないと求める求人が紹介されません。私の場合、はじめに自分が求める条件を明確にしないまま転職エージェントに相談してしまったので、紹介してくれる求人がどれもピンときませんでした。

自分の希望条件をはっきり伝えたことで、紹介される求人の質は改善されました。なので、転職サービスを受けるには、自分の本音を積極的に伝える必要があると思います。

まとめ 短期決戦で転職を決めるなら、リクルートエージェントに登録しておこう

ワークポートの登録

今回はリクルートエージェントの上手な使い方について解説しました。使い方のポイントは3つです。

  • 担当者に転職への意欲を示す
  • 職務経歴を詳細に伝える
  • 希望条件を詳細に伝える

転職への意欲を示すことで、優先して求人を紹介してくれます。また職務経歴・希望条件を詳細に伝えることで、自分の要望にマッチした求人を多く紹介してくれるようになるでしょう。

また、リクルートエージェントは短期決戦で転職したい人に向いています。時間をかけて転職活動したい人には向かないサービスです。

リクルートエージェントはおすすめの転職支援サービスですが、上手に活用しないと望む成果は得られません。紹介した使い方を参考にリクルートエージェントを利用して、転職活動の成功に役立ててください。

リクルートエージェントへのお申し込みは以下のURLから行えます。

無料で手厚い転職サポートを受けられる『リクルートエージェント』



無料登録はいますぐ!業界ナンバーワンの転職成功実績

営業って辛いよ。。。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

営業マスター

営業歴25年の僕は、年収1000万以上を達成しています。でも、営業からの転職をオススメします!営業マンがAIやネットに勝つなんて到底無理です。IT系の別の職種か、せめてIT企業の営業マンになって、営業以外のスキルを身につけよう!

-営業から転職したい

Copyright© 営業から転職したい人を応援するブログ , 2021 All Rights Reserved.