新卒でもう営業を辞めたいと思ったら読むべきコラム【転職もあり】

2019年9月26日

営業の悩み

心の声

新卒で営業を始めたけど、
なんだか自分に合っていなかったような気がする。
やっぱり自分は他の職種が良かったのだろうか。。。

毎日がつらいし、苦しいし、怒られてばっかり。
なんで営業になってしまったんだろう。

実はこれ、わたしが新卒の時に毎日思っていたことです。

営業マスター
こんにちは、営業マスターです。営業歴25年で年収は1000万以上を達成しました。

いまでこそ、営業としての自信がありますが、当時は本当に毎日毎日、辞めることしか考えられなかったんです。

でも、そんな新人時代を耐え抜いて、なんとかやっていくことができました。他にできそうな仕事もなかったんです。でも、いまだったら早めにIT業界に転職すると思います。

なぜなら、ITはこれからも発展していくとともに、人材も不足するからです。成長の波に乗れば、IT営業としても、IT営業以外の職種でも活躍する場面はたくさんあるのです。

経済産業省によると、IT人材(IT企業と、ユーザー企業の情報システム部門に所属する人材の合計)は現在91.9万人なのに対し、17.1万人が不足していると推計。人口減少に伴い、退職者が就職者を上回ることで19年から先は減少に転じる一方、IT需要の拡大が見込まれるため、人材ギャップは悪化。IT市場が高率で成長した場合、30年にはIT人材数が85.7万人なのに対し、不足数は78.9万人に上ると予測している。

IT人材不足が深刻化、2030年には78.9万人不足に 経済産業省調べ ITmedia ビジネスオンライン
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ma_it01.jpg

新卒で営業マンとして就職したが、どうにも営業がつらくてやめたい、、、そんな時に読んでもらえたらと思い、この記事を書き始めました。つらければ辞めればいいのですが、そんなわけにもいかないと葛藤している方も多いことでしょう。

営業歴25年の私、営業マスターが、どう考えれば良いのかアドバイスします。

今日はなぜ営業を辞めたいと思うのか、そしてそれにどう向き合えば良いのかを考えてみましょう。

アドバイス

・営業を辞めたい根本原因は?

・営業も、営業以外にも、仕事はいっぱいある

・長い目で考えるなら、IT系の企業や別の職種ヘの転職準備を

20代のえらぶ就職転職満足度No.1


第二新卒エージェント
 20代転職ほかフリーターなど学歴不問の就職

新卒でもう営業を辞めたいと思ったら

新卒でもう営業を辞めたいと思ったら

新卒でもう営業を辞めたいと思ったら、どう行動したり、考えたりすれば良いのでしょうか?

結論を言えば、自分の成長につながるような仕事を選ぶことが大切です。

今の仕事はどうですか?自分のスキルになっていますか?

他の会社でも通用するでしょうか?10年後、20年後、自分がやっていたい仕事ですか?

AIや自動化の波が襲ってきても、無くならない業界や仕事でしょうか?

大切なのは自分のスキルや経験があがり、自分が魅力的な人材として成長できるかどうか。

これが判断するポイントとなっていきます。

新卒で営業を辞めたいと思うことは、不自然なことでありません。

新卒で営業を辞めたいと思ったら?

自分が成長できるならガマンを!成長につながらないなら転職を!

20代のえらぶ就職転職満足度No.1


第二新卒エージェント
 20代転職ほかフリーターなど学歴不問の就職

なぜ営業を辞めたいのか理由を落ち着いて考えよう

営業の転職

なぜ営業を辞めたいと思うのか、その理由を落ち着いて考えてみましょう。

そもそもなぜ営業になったのでしょうか?成り行きだったり、消去法だったり、やってみたく挑戦したり。いろいろな理由で営業職についたことでしょう。

営業職は楽しいとわたしはいまは思っています。でも、新卒の頃やまだまだ若いころはまったくそうは思えませんでした。この記事にたどり着いたあなたとまったく同じ心境だったと思います。

だからわたしにはわかるんです。営業がどれだけ辛い気持ちになってしまうものなのかが。自分と向き合い、つらいことに立ち向かうこと、そして困難を乗り越えることは必要です。でも無理しすぎて身体や心を壊してしまっては元も子もありません。

ポイント

つらいことに立ち向かうことは大切です。

でも、無理のし過ぎは禁物です。

なぜ営業を辞めたいのか、その理由をいくつか挙げていきましょう。

ノルマがきつい、成績が上がらない

営業の転職

ノルマがきつい、営業成績が上がらないのが営業を辞めたい理由として考えられます。ただ、ノルマがきつい、営業成績が上がらないというのは本質的な理由としては考えにくいです。

ノルマが達成できない、営業成績が振るわない、そんな評価が上司や社内から下されて居心地が悪いというのが理由ではないでしょうか。仕事ができない人間だとレッテルを張られているようで、自分としては一生懸命やっているのに成果が出せない。そのギャップに耐えられないんだと思います。

そのつらさは耐えるべきものでしょうか?そのつらさに耐えた未来に何があるのでしょうか?

営業を頑張り続けたいという気持ちがあるのなら、ぜひ頑張ってみて欲しいです。

でも、営業はもう限界だ。。。そう考えるなら、転職は早めが良いと思います。

なぜなら、インターネットの力で営業マンはどんどん不要になっているからです。

本やグッズ、保険、クルマだって、いまはネットで買える時代なんです。

ノルマがきつい、成績が上がらないというのは、あなたのせいではなく時代の流れなのかもしれませんよ。

営業マン受難の時代を証明するかのように、この20年の間、営業マンの数は2001年の968万人から、2018年にはついに864万人にまで減少した。これはピーク時に比べて、約100万人の営業マンが消滅したことを意味している。

https://diamond.jp/articles/-/227850 週刊ダイヤモンド 
営業マンは20年で100万人消滅!「営業不要」で生き残る企業の条件

ポイント

営業マンは不要になりつつある。

働く環境が厳しい、ストレスが大きい

営業の転職

働く環境が厳しい、ストレスが大きいという場合もあるでしょう。たしかに営業職は体力も消耗しますし、頭も使いますし、神経を削って毎日働くようなイメージだと思います。

疲れやすくストレスも多いというのでは、誰だって続けたくはありません。

営業は基本的に一人の人間が一つのお客さまを対応することしかできません。

もちろん、複数のお客さまを抱えて、信頼を厚くして、売上を増やしまくっている優秀な営業マンも多く存在します。

でも、世の中はIT化です。ネット上で販売をすれば、24時間365日、システムが疲れることなく、何千人、何万人という顧客を相手にすることができるんです。

あなたは不眠不休で働けますか?それをこの先もずっと続けられますか?

営業で成果を出せる人もいます。お客さまの気持ちを理解して、良い提案をして、人間にしか生み出せない信頼関係で、売上を上げ続けることはできます。

でも、新卒のあなたに本当にそれができますか?できるようになりますか?超優秀な営業マンや疲れを知らないネットのシステムとガチンコ勝負を挑みますか?

注意ポイント

インターネットは24時間365日戦える。AIや自動化で販売効率は急激にアップしていく。

また、それに負けない超優秀な営業マンは重宝される。

ただ、あなたがその市場で勝負できますか?

自分は営業に向いていないと思う

営業の転職

営業が向いていないと思う人も多いことでしょう。でも、新卒とかまだ若くて社会人経験が浅いあなたが、営業に向いているかどうかなどわかるはずもありません。

縁あって営業職に就いたわけですから、まずはそれを極める努力がすることがあれこれ考えることよりも先と言えなくもない。

ただ、それはわたしが営業をし始めた20年以上前だったらの話。いまは時代が違い過ぎる。

コンビニもスーパーもファッションも100円寿司も、どんどん自動化されているのに気づいていますか?

コロナを気に、人と人が仲介するサービスはことごとく苦境に追いやられています。営業がやってくるのって、もはや迷惑行為なんです。

自動で買えるなら、誰にも会わずに済ませたい。だって、面倒くさいから。そんな世の中なのです。

あなたが営業に向いていないのではなく、時代が営業を求めていないのです。

ポイント

営業からモノを買いたいと思うお客さまは、この先もずっと減っていく。

コロナで加速してしまったこの流れは、もはや誰にも止めることはできない。

他にやりたい仕事が見つかった

営業の転職

他にやりたい仕事が見つかったという理由で営業を辞めたいということもあるでしょう。それはそれで結構なことだと思います。その仕事を極めれば良いと思います。

仮にその気持ちがあいまいなものだとしても、いまの営業職から別の業界へ転職したり、IT営業になりたいというなら早めに動くべきです。

なぜなら、他の営業マンもその流れに乗ってくるからです。行動が遅ければ、良い業界や良い企業の採用は、どんどん埋まっていくのです。

もし、転職するのが1年後だったとして、その時にはどんなスキルと経験が身についていますか?それは新卒という若さに変えられるものですか?

仮にあなたが新卒ではなかったとしても、まだまだ20代のはずです。やり直すなら、早い方が良いです。結婚したり、年齢を重ねれば、転職なんて簡単にできなくなります。

注意ポイント

やりたいことが見つかったなら、営業はやめてもOKです。

動くなら、早い方が良い。

頑張りたいがもう逃げたくなってしまった

営業の転職

営業として頑張りたい気持ちはある、でも、もう疲れ切ってしまった。逃げたい気持ちでいっぱいで、もう会社に向かう気力すら失われた。そんな気持ちになってしまうこともあるでしょう。

そんな気分の時は。すこしお休みを取ってみてはいかがでしょうか?すこしゆっくり休んで冷静に自分を見つめ返してみましょう。

誰だってつらいことはあります。それを乗り越えられないこともあります。十分に自分では頑張ったつもりなのに、どうしても耐えきれない時もあります。

転職も含めて検討して、まずは自分を休ませましょう。

すこし心が落ちついたら考えてみましょう。あなたは、本当に営業がやりたかったのでしょうか?

小さい時になりたかったものや、自分の好きなこと得意なこと、興味のある趣味のこと、それを仕事にできないのでしょうか?

時には逃げることも大切です。でも逃げただけでは自分は何も変わりません。なぜ逃げたいのか、逃げた後どうするのか、この先の長い人生をどう乗り越えるのか、落ち着いて冷静に考えていきましょう。

注意ポイント

限界を感じたなら、無理せず休んでOK!

一旦逃げるのも全然OK!

営業はやめたっていいし、転職を考えたっていい

転職

新卒で営業職についても、営業は自分に合わないのでやめたいとか、他の会社で営業をしてみたいとか、答えが出ない悩みで悩んでしまったりとか、日々つらい思いをしている人も多いと思います。

わたしも新卒の時はそうでたよ。毎日やめたくて、泣きそうになりながら、やりたくもない新規開拓営業をずっと回っていました。

20年前は営業として頑張っていれば、”つぶし”もきくし、”営業ノウハウ”というスキルも身につきました。

でも、時代は変わり過ぎました。営業マンはAIやネットに駆逐されていくのです。

新卒で営業ノウハウもなく、知識も経験も乏しいなら、結果など出せなくて当然です。

仮にこのまま営業を頑張ったとしても、その先のあなたの未来はどうなるでしょうか?

営業マンはますます不要になっていきます。その時になって、あなたが営業のスキルしか持っていなかったら?

どんな転職活動ができるのでしょうか?

いまなら若さという武器を手に、いくらでもチャンスがあります。転職するなら早い方が良いのです。

でも、新卒であれば転職なんてしたことないから、どうしたら良いかわかりませんよね。

そこでオススメしたいのが、『転職エージェント』なのです。

転職エージェントは専門のコンサルタントが、あなたを面談してくれます。面談した上で、あなたの市場価値を客観的に判定して、本人の希望と現実に見合った求人を紹介してくれるサービスです。

仕事や転職に関するアドバイスももらえますし、履歴書や職務経歴書の書き方も教えてくれます。模擬面談を行ってくれたり、求人紹介や採用獲得に向けたフォローも行ってくれます。

しかも、転職エージェントは登録も利用も、何度求人を紹介されても無料です。費用は一切かかりません。

転職エージェントは成功報酬として企業から費用をもらうことになっています。

良い人材を求人している企業にアテンドして最適なマッチングを行うことで、売上を立てているサービスです。

ですから、利用者は費用の心配がなく、より自分にマッチした求人を紹介してもらえるのです。

営業を続けたほうが良いのか、転職に踏み切ったほうが良いのか、ひとりで悩んで答えが出ずにぐるぐる迷走しているのであれば、一度転職エージェントの専門コンサルタントに面談してもらい、自分の悩みや相談を聞いてみてもらってはいかがでしょうか?

ポイント

営業以外にも視野を広げてみよう。

まずは客観的な意見を転職エージェントで聞いてみよう!

20代のえらぶ就職転職満足度No.1


第二新卒エージェント
 20代転職ほかフリーターなど学歴不問の就職

新卒でもう営業を辞めたいと思ったら読んでほしいコラム まとめ

転職

結論からすれば、自分の成長につながるような我慢であれば耐え忍ぶことが必要ですし、そうでもないつらさなら転職を考えるのが良いでしょう。大切なのは自分のスキルや経験があがり、自分が魅力的な人材として成長できるかどうかが判断するポイントとなっていきます。

新卒で楽しく毎日を充実して頑張れるとしたら幸せですよね。でも実際にはそんなに楽しく毎日ワクワクしながら過ごすことは難しいかもしれません。

自分の気持ちを整理して、自分は本当はどうしたいのか、どんな人材として成長したいのか、自分の人生をいろいろと考えてみましょう。

営業を辞めることを止めるつもりはわたしは一切ありません。辞めたいのなら辞めればいいと思います。営業として頑張る根性があればどうにかなるような世の中ではなくなってしまいました。

営業職を辞めるにせよ続けるにせよ、自分をしっかりと冷静に見つめなおして、自分としてどうしていきたいのかを考えてみましょう。もしお悩みが解決しないなら、転職エージェントに相談してみるのも良いでしょう。

誰だって辛い時があります。それはいつしか乗り越えなければいけない時がやってきます。その波に立ち向かえるかどうかが、人生を豊かにできるかどうかの分かれ目だと思います。動くなら、今です。

ポイント

新卒で営業をやめたいなら、それも大いにありです!

一旦逃げるのもOK!

ただし、どこかではつらいことに立ち向かう必要があります。

自分が成長できる、挑戦できる仕事を早めに見つけましょう!転職エージェントを利用してみましょう!

20代のえらぶ就職転職満足度No.1


第二新卒エージェント
 20代転職ほかフリーターなど学歴不問の就職

ワークポート<無料>転職相談サービスを利用する

営業って辛いよ。。。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

営業マスター

営業歴25年の僕は、年収1000万以上を達成しています。でも、営業からの転職をオススメします!営業マンがAIやネットに勝つなんて到底無理です。IT系の別の職種か、せめてIT企業の営業マンになって、営業以外のスキルを身につけよう!

-営業のコツ

Copyright© 営業を辞めて転職したい人を応援するブログ , 2021 All Rights Reserved.