リクルートエージェントの最初の面談ってどんな感じ?

リクルートエージェントの面談

この記事で分かること

  • リクルートエージェントの最初の面談ってどんな感じ?
  • リクルートエージェントの面談方法
  • リクルートエージェントの当日の面談の流れ

リクルートエージェントを知っていても、実際に利用したことがない。聞いたことはあるけど実際に最初の面談では、「どうやって面談するの…」「面談では何を聞かれるだろう…」「面談したら強引に転職させられてしまうのでは…」と不安に感じている方もいると思います。

そんな方にリクルートエージェントの最初の面談はどうやって行うのか、何をするのかを解説していきます。面談が不安で申し込みに踏み切れなかった方は、最後まで読んでいただき、リクルートエージェントを活用していきましょう。

無料で手厚い転職サポートを受けられる『リクルートエージェント』



無料登録はいますぐ!業界ナンバーワンの転職成功実績

リクルートエージェントの面談方法

リクルートエージェントの面談方法

リクルートエージェントでは、3つの中から面談方法を選ぶことができます。

  1. 電話面談
  2. ZOOM面談
  3. 対面面談

オンライン面談に対応しており、電話面談とZOOMでの面談に対応しています。さらに従来からの対面での面談も可能です。

リクルートエージェントはWEBでまず会員登録。会員登録後に、リクルートエージェントから電話かメールで面談の日程調整について連絡がきます。

リクルートエージェントの面談は、求職者に日程を合わせてくれます。土日休みの方は土日に面談を組むことができ、平日の夜でも実施してもらうことが可能です。オンラインでの電話面談やZOOM面談の対応も含め、最初の面談はかなりしやすい環境になってきたように思います。

無料で手厚い転職サポートを受けられる『リクルートエージェント』



無料登録はいますぐ!業界ナンバーワンの転職成功実績

リクルートエージェントの最初の面談『「電話面談」「ZOOM面談」「対面面談」のメリット』

「電話面談」「ZOOM面談」「対面面談」のメリット

「電話面談」「ZOOM面談」「対面面談」のメリットをそれぞれみていきましょう。

電話面談

電話面談は顔出しをせずに行い、電話で話をすることができれば受けることができるため、スケジュールの調整が1番しやすいメリットがあります。多忙な方も仕事帰りなどに利用できると思います。

ZOOM面談

ZOOM面談は顔や資料を見ながら、面談することができます。現地に行く必要がないため、家で面談することもでき、顔も見て話せるメリットがあります。

お互いにスケジュールを調整しやすく、お互いに顔を合わせて話ができるので、ZOOM面談はとてもオススメです。

対面面談

実際に同じ場で対面する面談は、テンポ良く話をすることができ、気持ちも相手に伝わりやすいメリットがあります。エージェント側もこちらの雰囲気を汲み取りやすく、転職の深い話も1番しやすいでしょう。

リクルートエージェントの面談方法は3つありますが、いかがでしょうか?個人的にはZOOM面談はスケジュールも調整しやすく、顔も見ながら話せるため、転職の深い話もしやすくオススメしたいです。それぞれメリットがありますので、ご自身の環境に合った方法でリクルートエージェントの面談にトライしてみて下さい!

無料で手厚い転職サポートを受けられる『リクルートエージェント』



無料登録はいますぐ!業界ナンバーワンの転職成功実績

リクルートエージェントの最初の面談『当日の流れ』

当日の面談の流れ

リクルートエージェントに登録し、面談の日程も調整できればいよいよ面談当日です。

時間は30分から長くても90分くらいで終わります。

順番は担当者により前後することもありますが、以下の内容を当日にヒヤリングされます。

  • 自己紹介、挨拶
  • 転職理由の確認
  • 履歴書、職務経歴の確認
  • 希望条件の確認

順番にみていきましょう!

1.自己紹介、挨拶

まずはお互いに簡単な自己紹介からスタートします。ベテランの方から若い方まで様々な担当者がいます。

初めての面談は緊張してしまうと思いますが、リラックスできた方が良い面談になるため、最初の自己紹介で面談の雰囲気に少しでも慣れることができるといいでしょう。

2.転職理由の確認

次に転職理由について聞かれると思います。ここでは、思っていることを本音で話しても問題ありません。

「今の職場の将来性に不安がある…」「職場の上司と合わない…」「年収が低くて…」など伝えにくいと感じてしまうと思いますが、あくまで面談ですので、自分が感じていることを素直に整理することを優先しましょう。

3.履歴書、職務経歴書の確認

事前に履歴書と職務経歴書を提出できていれば、中身を確認します。

事前に提出をしていなくても、面談を受けることはできますが、より良い面談にしたいと考えていれば事前に履歴書と職務経歴書の提出は必須です!転職エージェントを活用するメリットはヒヤリングしてもらうことで、自分の考えを整理できるところにあります。

自分のことを話す恥ずかしさもありますが、せっかくの機会ですので、本音で答えていきましょう。

4.希望条件の確認

希望の仕事内容、年収、業界の確認をします。

面談の時にまだ希望条件が明確に決まっていない場合も、正直に伝えて大丈夫です。

しかし条件を元に求人を紹介してもらうため、面談後でも徐々に条件が明確になったら連絡するのが良いでしょう。

リクルートエージェントの初めての面談の流れは理解できたでしょうか?面談をしても強引に転職させることはないので安心してください。準備不足でも大きな問題にはなりませんが、職務経歴書などしっかり準備できていれば、より良い面談になるため準備することをオススメします。

無料で手厚い転職サポートを受けられる『リクルートエージェント』



無料登録はいますぐ!業界ナンバーワンの転職成功実績

まとめ リクルートエージェントの最初の面談

まとめ リクルートエージェントの最初の面談

というわけで、リクルートエージェントの最初の面談についてお伝えしました。

転職理由や希望条件などを聞かれますので、自分の転職希望や将来のビジョンなどをまとめておきましょう。

リクルートエージェントの担当者は、それをもとに求人を紹介してくれます。しっかりと自分の希望や夢を語れるようにしましょう。

しっかりと面談で自分をアピールできれば、担当者も自信をもって良い企業を推薦してくれるでしょう。

さっそくリクルートエージェントを使ってみましょう。登録も利用も無料です!

無料で手厚い転職サポートを受けられる『リクルートエージェント』



無料登録はいますぐ!業界ナンバーワンの転職成功実績

以上。リクルートエージェントの最初の面談ってどんな感じ?でした!

営業って辛いよ。。。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

営業マスター

営業歴25年の僕は、年収1000万以上を達成しています。でも、営業からの転職をオススメします!営業マンがAIやネットに勝つなんて到底無理です。IT系の別の職種か、せめてIT企業の営業マンになって、営業以外のスキルを身につけよう!

-営業から転職したい

Copyright© 営業から転職したい人を応援するブログ , 2021 All Rights Reserved.