営業は厳しいよね。。。




本記事の信頼性
当ブログの管理人である営業マスターは、営業歴25年の超ベテラン。これまでに4社の勤務経験、取締役部長まで勤めた凄腕営業マンです!

営業マン受難の時代を証明するかのように、この20年の間、営業マンの数は2001年の968万人から、2018年にはついに864万人にまで減少した。これはピーク時に比べて、約100万人の営業マンが消滅したことを意味している。

https://diamond.jp/articles/-/227850 週刊ダイヤモンド 
営業マンは20年で100万人消滅!「営業不要」で生き残る企業の条件

営業マスター

営業歴25年の僕は、年収1000万以上を達成しています。でも、営業からの転職をオススメします!営業マンがAIやネットに勝つなんて到底無理です。IT系の別の職種か、せめてIT企業の営業マンになって、営業以外のスキルを身につけよう!

営業に向いていないと言われたら?【我慢せず早めの転職が良い3つの理由】

営業に向いていない

営業でいつも頑張っているのに、『営業に向いていない』と言われたら?

ちょっとショックですよね。。。

ショックです、ショックですが、冷静になって考えてみましょう。

その服は似合っていないと言われたら、着こなしや髪型、体系を変えたら似合うようになるんでしょうか?

向き不向き、個性というものがあり、そもそも合っていない可能性すらあります。

それでも、その服を着続けますか?つまり、営業として頑張り続けますか?

営業に向いていないと言われたら?【我慢せず早めの転職が良い3つの理由】

営業に向いていないと言われたら?【我慢せず早めの転職が良い3つの理由】

営業に向いていないといわれても、昔だったらもっと頑張って、もっと我慢すれば、良い未来も描けました。日本が発展し、人口が増えて、貿易が発達していく過程であったらからです。

でも、いまは時代が変わました。

営業が向いていないなら、我慢せずに早めの転職をオススメしたいです。

理由は3つあります。

営業に向いていない人はどう頑張ってもAIやネットに勝てない

営業に向いていない人はどう頑張ってもAIやネットに勝てない

時代は変わりました。モノやサービスを売るには、優秀な営業マンではなく、最新のAIを取り入れた仕組みやネットを使った販売網の構築が重要です。

営業に特化した優秀な人材は、これからも営業として重宝されるでしょう。AIやネットには真似できないスキルやノウハウがあるからです。

でも、中途半端な営業経験とスキルの営業マンは、これから行き場を失います。

24時間365日、休むことなく稼働できるAIやネットに、営業に向いていない人がどう頑張っても勝てるとは思えません。

営業に向いていない人は別のIT系の職種についた方が合理的

営業に向いていない人は別のIT系の職種についた方が合理的

営業には性格的な相性があります。明るく快活で、コミュニケーションが得意で、自分より相手のことを考えられて、行動力があってタフ。

営業ってそんなイメージがあると思いますし、実際にそんな感じの人じゃないと成果が伸ばせないのも事実です。

営業にふさわしい素養をお持ちでしょうか?

営業にふさわしい素養では無くても、別の職種であれば向いているということも考えられます。

IT業界には、さまざまな職種があります。企業もたくさんあります。

営業を無理して続けなくても、別のIT系の職種に就いた方が合理的です。

IT業界自体がますます発展していくし、スキルが伸ばせるいろいろな職種があるからです。

自分の強みや良さを理解していない

自分の強みや良さを理解していない

営業に向いていないと自分でも感じるのであれば、改めて自己分析をしてみましょう。

自分の強みや良さを理解しておらず、積極的な理由ではなく打算的に営業職を選んでいませんか?

営業職が良い職種で、他の職種は良くないということもないですし、営業職だけが自分の相性に合っているとは言えないと思います。

自分の強みや良さを活かせる仕事が他にないとは思えません。

自分の個性や関心を活かせる仕事は絶対にあるはずです。

転職エージェントサービスで、コンサルタントに面談してもらうと良いと思います。あるいは、身近な家族や友人に相談してみましたか?

自分のこととなるとどうしたら良いのかわからなくなる人も多いです。

他の人から客観的な意見を聞いてみて、改めて自己分析をしてみてください。

積極的に他の職種を目指す理由が見つかるかもしれませんよ!

営業に向いていなくても営業しか自分にはできない?

営業に向いていなくても営業しか自分にはできない?

営業をやっている人の中には、『自分には営業しかできないから。。。』という人もいます。

これ、意外と多いんですよね。実際にわたしもそうでしたから(笑)

でも、本当にそうですか?

営業職以外の職種に就いたことがありますか?あるいは、いまの会社とは別の会社に勤めたことがありますか?

自分がどんな仕事に就くのか、そしてどの会社に勤めるのかは、100%自分で決めていることです。

ことの成り行きややむを得ない理由があるように見えて、実際には自分で最後は決めているのです。

『営業に向いていないのに営業職でやってみよう』と決めたのも自分。

だったら、『営業以外の可能性を考えてみよう』と考えてみない限り、自分の未来は一向に変化していきません。

営業しか自分にはできないと可能性を狭めるのではなく、広い視野で自分や世の中の仕事を眺めてみましょう。

無限の可能性に満ちていることに気が付ければ、積極的に前向きな仕事ができるはずですよ。

IT業界にはいろんな職種があり、いろんな業界を顧客に持つ企業があります。

いままでの経験や知識、自分の好きなことや興味関心を活かせる仕事が必ずあります。

IT系の職種

・プログラマー

・デザイナー

・広告プランナー

・WEBマーケター

・人事、財務

・カスタマーサポート

・アナリスト


・動画編集者

まとめ 営業に向いていないと言われたら?【我慢せず早めの転職が良い3つの理由】

まとめ 営業に向いていないと言われたら?【我慢せず早めの転職が良い3つの理由】

営業に向いていないと言われたら?良い機会なので、自分のことを見つめなおしてみましょう。

一昔前ならば、営業の辛さに耐えれば、違った景色も見えてくるとわたしも言いたかったと思います。

でも、時は流れ、時代は変化しました。

営業職はよほどの優秀者でない限り、生き残ることが難しいと思います。

AIやネットには人手は勝てません。営業職はどんどん人口が減っています。

本、雑貨、衣類、旅行、保険、食品ですら、営業マンが介在することなく売れていく時代になっています。

営業職として圧倒的に突き抜ける覚悟があるなら話は別ですが、営業に向いていないといわれて気になるようであれば、早めに手を引くことが賢い選択と言えます。

我慢せずに早めの転職をオススメします。

IT系ならいろいろな職種があり、これまでの経験や知識を活かせる業界を顧客に持つIT企業が必ずあるはずです。

ぜひ、自分の可能性を信じて、広い視野でこれからの人生を考えていきましょう!

以上、営業に向いていないと言われたら?【我慢せず早めの転職が良い3つの理由】でした!

営業って辛いよ。。。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

営業マスター

営業歴25年の僕は、年収1000万以上を達成しています。でも、営業からの転職をオススメします!営業マンがAIやネットに勝つなんて到底無理です。IT系の別の職種か、せめてIT企業の営業マンになって、営業以外のスキルを身につけよう!

-営業から転職したい

Copyright© 営業から転職したい!営業が向いていない!やりたくない人!そんな人向けのブログです! , 2021 All Rights Reserved.