営業は厳しいよね。。。




本記事の信頼性
当ブログの管理人である営業マスターは、営業歴25年の超ベテラン。これまでに4社の勤務経験、取締役部長まで勤めた凄腕営業マンです!

営業マン受難の時代を証明するかのように、この20年の間、営業マンの数は2001年の968万人から、2018年にはついに864万人にまで減少した。これはピーク時に比べて、約100万人の営業マンが消滅したことを意味している。

https://diamond.jp/articles/-/227850 週刊ダイヤモンド 
営業マンは20年で100万人消滅!「営業不要」で生き残る企業の条件

営業マスター

営業歴25年の僕は、年収1000万以上を達成しています。でも、営業からの転職をオススメします!営業マンがAIやネットに勝つなんて到底無理です。IT系の別の職種か、せめてIT企業の営業マンになって、営業以外のスキルを身につけよう!

「営業が向いてない」なら、さっさと転職したほうが良い3つの理由

「営業が向いてない」なら、さっさと転職したほうが良い3つの理由

営業が向いていないとか、営業はあまり得意ではないのに、営業マンとして頑張っている人も多いんですよね。

わたしもずっと営業をしていましたが、わたしの時代はそれでも通用していました。根性とか努力とかでなんとか営業として成り立っていました。

でも、これからは中途半端な実力の営業マンは通用しなくなります。なぜなら、AIやネットの登場で営業マンの数はどんどん減っています。

営業マンがいなくても、モノやサービスは売れていく時代なんです。

一部の領域では、営業マンは貴重な人材として生き残れます。高度な知識と提案力、顧客ごとの本質的な問題解決ができれば、、、ですが。

ヒアリング力や提案力を鍛えまくって、顧客目線での本当の問題解決ができない限り、営業としてはやっていけなくなるでしょう。

営業としてぶち抜ける覚悟が無いのであれば、早めに営業職からの転職をオススメします。

営業マンのこれからは厳しいですよ。

営業が向いていないと感じるなら転職を

営業が向いていないと感じるなら転職を

営業が向いていないと感じるなら、早めに転職の準備をしましょう。すぐに転職することはありません。準備を開始しましょう。

さて、なぜ転職を推奨するのかと言うと、

1.AIとネットの力で中途半端な実力の営業マンは不要になるから

2.知的生産性の高い職種に就いた方が良いから

3.合ってないものは合ってない

1.AIとネットの力で中途半端な実力の営業マンは不要になるから

1.AIとネットの力で中途半端な実力の営業マンは不要になるから

AIとネットの力があれば、これからはほとんどの商売でモノやサービスと顧客のマッチングができるようになっていきます。

顧客も自分で好きなものをネットで探せた方が便利だし、会社やお店も在庫を抱えるよりもAmazonのようなサービスやホームページからの引き合いを利用して売上を立てた方が効率的です。

営業マンは人件費がかかります。成績も不安定です。

企業にとって、先の見えない商売のために人を抱えるのはリスクでしかありません。

営業分野がこれからも発展していくなら話は別ですが、営業マンの数はどんどん減っています。

それでも生き残りをかけて営業で戦うという選択肢ももちろんありますが、この記事を読んでいらっしゃる営業マンの方の一体何%が、そんな凄腕営業マンになれるのでしょうか?

勝てない戦にあえて勝負を挑みますか?

わたしなら別の職種に就くことを考えますね。。。

2.他の知的生産性の高い職種に就いた方が良いから

2.他の知的生産性の高い職種に就いた方が良いから

営業マンも知的生産性は高い職種だと思いますが、肉体労働や対人関係のストレスにさらされますよね。

オンラインでの訪問営業やインサイドセールスが発達していますが、営業としての稼働は結構疲れるし大変ですよね。

ここでいう他の知的生産性が高い職種とは、

・プログラマー
・デザイナー
・WEBライター
・WEBマーケター
・動画編集者

のようなIT関連の職種です。

IT業界はまだまだ成長途中です。その波に乗る方が、営業として生き残るよりも活躍できる可能性が高いです。

自分が好きなこと、自分が得意なことがありませんか?それを扱うIT企業があるはずです。

自分の可能性が広がるように、今後の職種選びをしていきましょう!

3.営業が合ってないものは合ってない

3.合ってないものは合ってない

営業が自分に合っていると思って頑張っている人も多いと思います。

でも、営業はかなり高度なスキルが必要ですし、今後は根性ややる気だけでは活躍できません。

自分は営業が合っていないのでは?と考える人も多いでしょう。

合っていないと感じるのであれば、それは合っていないんです。

好きなこと、得意なこと、興味関心が強いことに対して、「合っているかな?」なんて疑問はそもそも沸いてこないんです。

合っていないものは合っていません。自分に無理してストレスを我慢して負荷をかけ続けて、この先の人生を過ごすなんて非効率です。

もっと別の知的生産性の高い職種を目指して、スキルアップをしていきましょう!

営業として生き残り、営業を極めるという選択肢もある

営業として生き残り、営業を極めるという選択肢もある

営業として生き残り、営業を極めるという選択肢もあります。

ただ、かなり高度な知識とコミュニケーションスキル、提案力、ヒアリング力、問題解決力が必要です。

顧客の言われるままに動く営業マンでは、もう活躍する場所は無いんです。

ホームページやAmazonがあれば十分です。

この先の厳しい営業マンの生き残りをかけた競争の中で、そんな難しいスキルを身につけて、結果を残せるでしょうか?

営業として生き残りをかけるより、プログラミングを学んでプログラマーとして活躍するほうが、未来の可能性は大きく広がっています。

転職の準備ならすぐできます。のんびりと営業として活動している時間はありません。

転職するのはすこし先だったとしても、転職の準備だけはいますぐに始めましょう。

まとめ 「営業が向いてない」なら、さっさと営業から転職したほうが良い3つの理由

まとめ 「営業が向いてない」なら、さっさと営業から転職したほうが良い3つの理由

営業が向いてないなら、さっさと営業から転職して別の知的生産性が高い職種を目指しましょう。

営業から転職したほうが良い理由は、

1.AIとネットの力で中途半端な実力の営業マンは不要になるから

2.知的生産性の高い職種に就いた方が良いから

3.合ってないものは合ってない

無理して営業で頑張り続けるのは非効率だとお分かりいただけたでしょうか?

転職をいますぐ出来ない人も準備だけならできるはず。

・転職サイトに登録する
・転職エージェントに相談する

家でもスマホでもできる転職活動の準備です。善は急げ。

ライバルが営業職に見切りをつける前に、行動することをオススメします!

以上、 「営業が向いてない」なら、さっさと営業から転職したほうが良い3つの理由でした!

営業って辛いよ。。。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

営業マスター

営業歴25年の僕は、年収1000万以上を達成しています。でも、営業からの転職をオススメします!営業マンがAIやネットに勝つなんて到底無理です。IT系の別の職種か、せめてIT企業の営業マンになって、営業以外のスキルを身につけよう!

-営業から転職したい

Copyright© 営業から転職したい!営業が向いていない!やりたくない人!そんな人向けのブログです! , 2021 All Rights Reserved.