営業がつらいという人の共通点【相手を変に思いやっている】やってみないとわからないという合理性に気づくべき

営業がつらいという人の共通点【相手を変に思いやっている】やってみないとわからないという合理性に気づくべき

営業がつらいという人の相談を受けたり、話を聞いたりしているとある共通点に気づきました。営業そのものがつらいとか、合わないとか、やりたくないなどの理由を突き詰めたときに出てくるものが、『相手の求めていないサービスを売り込むことが迷惑だと思う』という点。

確かに、相手が求めていないものを売り込みに行くなんて、迷惑千万ですし、実際に迷惑そうに断れれますよね。

それを繰り返していればつらくなってきますし、嫌にもなってくるでしょう。

では、なぜあなたにはできなくて、他の営業マンにはできるのでしょうか?

相手を思いやるポイントを変えること

『こんな商品を売り込んだら迷惑じゃないか?』『こんな時間に電話をしたら嫌がられないか?』『必要ではないものを無理に押し付けることにならないか?』などなど。

相手を考えれば考えるほど、営業に対するモチベーションが下がっていきます。相手のことを考えるのが営業ですし、相手に喜んでもらうことが営業の仕事です。

なのに、最初の売り込みで嫌われたり、迷惑がられるのは耐え難いですよね。

しかし、そのように考えるだけでは物事は解決しません。他の営業マンはそれを乗り越えて成果を出しているわけですから、『相手に迷惑ではないか?』というのは、ネガティブないいわけでしか無いという着眼をしてみましょう。

何かの商品やサービスを提案してみて、『ちょうどそんなのが欲しかったんだよ』って言ってもらえるなら、そもそも営業マンなんていりません。断られても嫌われても、自分の商品やサービスを知ってもらえてこそ、次の一歩が踏み出せるのです。

こうした悩みは自分が変わるしかありません。自分の考え方を変えてみましょう。相手を思いやるポイントを変えてみるのです。

相手を思いやるポイントを変えるトレーニング

今あなたが気にしているポイントは営業をすると迷惑ではないかという点です。ですが、実際にはその結果として購入する人もいるわけですから、100%迷惑とは言い切れないようです。

なので営業すると迷惑という理論は成立しないことがわかります。つまり迷惑かどうかは営業してみないとわからないというのが正しい理論と言えます。

ここが重要です。やってみないと迷惑かどうかはわからないのに、あなたは迷惑に違いないと決めつけてしまっています。この考えを改めましょう。

迷惑かどうかは、商品やサービスをきちんと提案してみて、金額も内容も納得したにも関わらず、断っているのに無理に押し付け続けたときに決まります。ここまでしてしまっているなら、完全に迷惑ですね。

ですが、訪問すること自体が迷惑と気にしている段階は迷惑とは言えないということです。初回で接触してくださる受付の事務員さんが迷惑そうな顔をするかもしれませんが、それはその方の仕事の1部です。あなたが迷惑なのではなく、呼ばれもしない来客には迷惑そうな顔をするのがその人の仕事なのです。

それに対して迷惑そうだからもう営業をしたくないというのは、理論的ではないと思えてくると思います。相手はそれが仕事、こちらもこれが仕事なのです。

バタバタと明らかに忙しい状況だったり、お昼休みで休憩しているときや、理由も明確な断り方をしているのにもかかわらず、しつこく営業活動を続けていれば迷惑だと思います。

でも、初めての訪問や数度の訪問をしている段階では、そこまでの迷惑とは言えません。相手も仕事、こちらも仕事、これはビジネスなのです。

こうした割り切りができないと、いつまで経っても営業をするどころか、まともなビジネスを理解することができません。冷静に落ち着いて考えるようにしましょう。

やってみないとわからないという合理性を理解する

初めて訪問するところや、何度か訪問することころであっても、営業としての目的があって行くわけです。ですから、その目的を果たせるかどうかは行ってみないとわからないはずです。

迷惑なのでは?嫌われてしまうのでは?必要がないので?とやる前からいろいろと考えて二の足を踏んでいる状態は合理的とは言えません。やってみないとわからないからです。

やってみた結果、迷惑だったり、嫌われたり、必要ないと断れることはあります。当然です、相手もすべてを受け入れるつもりはないのですから。でも、それはやってみてはじめて出る答えです。訪問してみて、提案してみて、話をしてみて、やってみてはじめて得られる
結果なわけです。

やりもしないで無理じゃないかと心配しても取り越し苦労です。答えはカンタンです。やってみればいいのです。やってみないとわからないことはやればいいのです。

訪問してみて、提案してみて、話をしてみて、それでも断られるなら仕方がないことです。でも、それをやる前段階で悩んだり迷ったり苦しんだりしているのは取り越し苦労に過ぎないのです。

やってみないとわからないということをしっかりと理解しましょう。

まとめ:営業がつらいという人の共通点【相手を変に思いやっている】

相手を変に思いやったところで、相手から感謝されるわけでもありません。逆に多少遠慮なく行動したところで、相手だって断るのが仕事の1部のようなものですから、必要以上に気にすることはないのです。

常識を逸脱したようなアプローチや、断る理由が明確なのにも関わらず売り込みをし続けているなら話は別ですが、営業がつらいという人のほとんどはアプローチする前から相手を変に思いやって、『迷惑』、『嫌われる』、『断れれる』と決めつける傾向があります。

それは相手を変に思いやっているだけであって、相手のことを大切に思っているわけでもないですし、相手にとってメリットがあるわけでもありません。

相手もこちらもビジネスです。やってみないとわからないことはやってみるしかないということをきちんと理解して、しっかりと営業的なアプローチができるようにしていきましょう。