営業の転職はプラスアルファのスキルを意識しよう おすすめはWEBマーケティングやWEBアナリティクスの知識

営業の転職はプラスアルファのスキルを意識しよう おすすめはWEBマーケティングやWEBアナリティクスの知識

営業をしていて転職を意識するときがある。自分のスキルや年収を上げたい、もっと自分にできることを探してチャレンジしたいと。現状の仕事があまり面白くないという場合もあるだろう。

転職は決して悪いことでもないし、営業をして2,3年もすれば、次のステージを意識したくなるものだ。もっとできることを探してみよう。

転職するなら別の業界や別の領域を意識しよう

仮に転職するならば、同じ業界の似た製品やサービスはあまりオススメしない。競合他社になるわけだから企業スパイみたいにもなってしまうし、個人の信頼性にも問題を感じられてしまうこともあるだろう。

それ以上にもっと懸念することがある。同じ業界の似た製品やサービスを売り続けても、自分に革新的なスキルがつかない。結局は同じ延長線上の仕事だからだ。

転職するなら別の業界の営業職や別の領域の仕事をやってみることをオススメしたい。

営業+〇〇という強さを発揮できる人材になる

『営業しかできません、営業しかやったことがありません』という人材と、『営業の他にも〇〇といったスキルがあります』という人材、どちらが魅力的に感じるだろうか。

営業職だけに特化しているだけでは、他に任せられる仕事の幅が少ない。もちろん、営業一筋で会社の業績をグッと上げてもらえるなら魅力はあるが、それでも個人のキャリア形成という部分では不安が残る。

今後はWEBマーケティングや自動化、省力化、AI化が進んでいく。多くの業界で営業職が必要なくなる可能性がある。営業だけに特化していくのは、長い目で見てリスクでしかない。

ぜひ営業以外のスキルを身につけておきたい。オススメはWEBマーケティングやWEBアナリティクスの知識を使う仕事に就くことだ。業界や商材が異なっても、WEBマーケティングやWEBアナリティクスの知識は共通して使えるノウハウがある。つまり活躍の場が広がるし、この領域は今後もますます発展していく。

WEBマーケティングの知識

インターネット上でどうすれば商品やサービスの認知や販売が拡大できるのかについて、戦略を練り、計画を策定し、プランを実行し、結果を検証する。そして、それを今後に生かしていくというサイクルをネット上で展開する。

ただの売る人ではなくなる。WEBマーケティングの知識があれば、営業マンを使って販促する以外の方法を健闘できるようになる。既存の営業手法に風穴をあけることができるかもしれない。

WEBマーケティングの知識を身につけるには、IT業界の仕事に就くことがオススメだ。新しいことを取り入れ、変化に対応する感覚がIT業界で身につく。常に時代の流れを感じられ、スピード感が違う。

ぜひIT業界でwebマーケティングの知識を身につけ、それを活かせる営業マンになってみることをオススメしたい。

WEBアナリティクス

WEBサイトの解析の知識を身につけることによって、WEB上で販売戦略を考えたり、実行することができるようになる。営業マンが動くだけでは得られなかった顧客の反応がWEBアナリティクスであれば把握したり、分析することができる。

そもそもどのくらいの需要があるのか、それに対してどのように攻めれば見込み客を獲得できるのか、その見込み客に対してどうすればアプローチでき、コンバージョン(成約)に結びつけることができるのかなど、WEBアナリティクスの知識があれば、売るだけではない攻めの戦略が考えれるようになる。

営業のスキルしか身につけていない営業マンと、WEBアナリティクスの知識も兼ね備えた営業マンとでは、この先の未来での活躍の幅が異なるであろうことは、WEBに専門的な知識が無い方でも想像できるのではないでしょうか。

営業の転職はプラスアルファのスキルを意識しよう おすすめはWEBマーケティングやWEBアナリティクスの知識 まとめ

営業としてスキルを高めるには営業力を高めたり、提案力を強めることは当然のことです。それはそれとして必要なことですが、それだけでは他の営業マンと差別化を図ったり、自分なりの特殊なスキルにはしにくいです。

営業力にプラスアルファのスキルを身につけるようにしましょう。そうすることによって、営業スキルだけでは発揮できなかった新しい価値が生まれるのです。

長期的な視点で見ても、営業一本というのはキャリア形成においてもリスキーです。そのうち多くの営業マンが必要なくなるかもしれないからです。ITが進化し、WEB上で多くの売買が成立するようになると、従来の営業活動が不要になるからです。

なので、WEBマーケティングを得意とする営業マンやWEBアナリティクスに精通した営業マンになることによって、スキルの厚みを増すだけでなく、IT時代に強い営業マンになれるからです。

ぜひ転職の際には営業スキルだけではなく、プラスアルファのスキルアップも意識しましょう。そうすることで、他者と差別化された強いキャリア形成ができるようになります。