【営業の転職】好待遇の求人?働きやすくて休みも多くてきつくない営業職があるのか?!

【営業の転職】好待遇の求人?働きやすくて休みも多くてきつくない営業職があるのか?!

いまは売り手市場で、企業はあの手この手で人を集めようとしています。営業職もご多分にもれず、転職市場は活況と言えます。いままでにしっかりとしたスキルや経験を積んでいる営業マンであれば、年収を上げるチャンスではあります。

ですが、それでも人手が足りずに企業は人が集めやすいように転職サイトを活用したり、エージェントサービスを利用しています。人気のある有名企業であれば、人が集まりやすい傾向はありますが、中小企業やベンチャー企業であれば知名度がないために人集めも大変。しかも普通の待遇だと見向きもされないというが実情でしょう。

だから企業側も人を集めやすいように待遇や条件を見直しています。ですが、それが実情にあっているのか、うそではないにしろ大げさであったり、一部の特例の紹介である、なんてことも起こりかねません。

今日は転職の求人条件で好待遇や休日の多さをうたいながらも、営業がきつくないということがありえるのかということについて考えていきたいと思います。

結論:好待遇で休みが多くきつくない営業なんてほぼあり得ない。

いきなりの結論ですが、待遇が良くて休みが多くてきつくない営業職の求人なんてほぼあり得ないと思います。理由はカンタンです。営業は大変な仕事の代わりにスキルや経験が身につく仕事です。それについてこのサイトでもいろいろ記事で説明をしているところです。

待遇が良くて休みが多くてきつくない営業なんてあったら、わざわざ手間をかけてハローワークに求人を出さなくても評判で人なんて集まってくるでしょう。ましてや転職サイトやエージェントはお金がかかります。そんなに条件の良い仕事なのであれば、お金かけて求人しなくても人が集まってくるでしょう。

つまり、その企業は実際は人がなかなか集まらず、定着しないから募集をかけているわけであって、実情は求人内容と乖離があると考えられるからです。

もしそんなに良い条件の仕事であれば、辞める人がいないはずですし、その社員が知り合いを紹介したり、評判が人を読んでいるはずです。空きのポストがなかなかできにくいですし、人を集めるというよりは集まってくる人を選別しているくらいなはずなので、求人情報を世に出す必要がないわけです。

では、好待遇で休みも多くきつくない営業の求人はうそなのか?

ではそのような求人はうそなのでしょうか?うそではないのだと思います。そういう社員やそういう例もあるんだと思います、稀に。

優秀でスキルも経験もあって、要領の良い営業マンであれば、そのようなことも実現できるのかもしれません。でも、それをあなたが実現できるかはわかりません。

よほど頑張れば実現できるのか、実現はほぼ不可能に近いのか、それは誰ももはやわかりません。その求人を信じるのであればチャレンジしてみることは別に悪いことではありません。ですが、わたしはオススメしません。

好待遇で休みも多くきつくない営業というのは、求人で募集されてなるものではなく、実力と実績をつけてそれを実現していくものだと思うからです。もっといえば、何をやってどんな将来を切り開きたいかをよく考えるべきであって、求人の条件などに惑わされてはいけないのです。

良い待遇や条件、仕事を効率よくやりたいのであれば、それ相応のスキルと経験を身に着けて、自分でそれを実現する必要があるわけで、誰かや会社に用意してもらうものではないのです。

だから、うそとか本当という以前の問題として、そのようなうそだか本当だかわからない求人情報に翻弄されてはいけないのです。

【営業の転職】好待遇の求人?働きやすくて休みも多くてきつくない営業職があるのか?! まとめ

転職する以上はより良い条件や待遇を求めたいのは理解できます。もちろんより良い条件や待遇であるに越したことはありません。ですが、それはあなたのスキルや経験がしっかりと裏付けされていて、企業側が売り上げや利益の予測がしっかり立てられていれば、まだ話はわかります。実際はそんなことがあるのでしょうか?

少なくとも求人情報を見ているのはあなたであって、あなただけを採用したくてスカウトがあったわけではない。つまり、多くの人に向けた『広告』であることを忘れてはいけないのです。

転職するあなたにとって大切なことは、自分が目指したいキャリアや実現したい未来にすこしでも近づけれる転職であるかどうかを見極めること。これが第一です。

『広告』の内容であなたの未来がぶれてはいけないのです。『広告』に釣られて、自分の未来を変えてはいけないはずです。

転職は何のためにするのか。一時に逃げではあってはいけませんし、実力もないのに良い条件や待遇を求めるのもナンセンスと言えます。待遇や休みの多さ、仕事の楽さに目が行っているようであれば、なぜ転職したいのか、なぜ営業職を選ぶのか、もっと根本的なところから考えをまとめ直すようにしてきましょう!