営業をやっていて良かったと思うことを3つ紹介

営業をやっていて良かったと思うことを3つ紹介

私は営業歴が20年以上ありますが、今まで営業やってきて良かったと思うことを今日は紹介したいと思います。他にもいろいろと細かいことはあるかと思いますが、今日は3点に絞ってご紹介したいと思います・

  • 普通の人より稼げるようになった
  • 短期間で恋経験ができた
  • どこでも働ける経験値を得た

普通の人より稼げるようになった

営業は稼げる

営業やって思うことは、普通の人よりも稼ぎやすいということです。営業成績はそのまま個人の評価に反映されやすいので、成果が出ている出ていないが明確になります。技術職や事務職と比べると評価がされやすく、給与やボーナスに反映されやすいという傾向があると思います。

会社にもよりますが、インセンティブがついたり営業手当がつくこともあるでしょう。私の場合、新卒で営業していた時には社会人1年目にもかかわらず、そして東京で一人暮らしをしていたにも関わらず、1年で100万円を貯金することはできました。そのくらい給与はいい仕事だと思います。(ただそのかわり新卒では大変な経験をしましたが)

営業で成果を出し続ければ、その後の昇進や昇給も他の職種に比べれば上昇しやすい傾向にあると思います。ただしある時期を過ぎると個人で成果を出し続けるよりも、チームや課、部門の売上に責任を持つことになりますので、個人プレーだけでは昇給しにくくなっていくのが一般的です。

リーダーや課長、部長という立場になっても成果を出し続けることができれば、給与はボーナスはさらに上がっていくことと思います。

営業職をやる以上、やはりある程度給与やボーナスが上がっていくことに欲がないといけないと思います。その欲求を満たすために頑張れるという人が、成果を出しやすい傾向があると思います。もちろん給与やボーナスのみが営業のやりがいではありませんが、結果として給与やボーナスに反映される喜びは、他の職種ではなかなか味わえない醍醐味と言えると思います。

営業をやることで短期間で濃い経験ができた

営業は濃い経験が積める

他の職種を経験したことがないので比較して言えることではありませんが、営業をやっていたことにより短期間で非常に濃い経験ができたと思っています。

いろいろなお客と交渉し、いろいろなシチュエーションを経験し、いろいろな失注やいろいろな制約が自分を強く、そして大きく育ててくれたと実感しています。

営業職は忙しく、精神的にも肉体的にも大変な仕事です。ですがそれを乗り越えることによって、自分の成長につながり、自分の未来を切り開いているという実感が持てる仕事でもあります。

いかに自分を厳しく律して、濃い経験をどんどん積めるか。自分のために大変なことを積極的にやっていくことによって、自分の成長と未来が変わっていく仕事だと思います。

たくさんの人と接し、たくさんのものを見て聞いて、たくさんのことを経験し、たくさん苦労することで、大きく成長していけることが営業マンの醍醐味と言えます。

どこでも働ける経験値を得た

営業をやっていればどこでも稼げる

営業職はある程度経験を積むと、その会社での営業を経験しているというよりは、どこへ行っても営業マンができるスキルと経験を身につけることができると思います。

営業としてのスキルや経験を積むことで、同業他社でも働けますが、業種の営業マンとしても活躍できることでしょう。

いまの会社に依存し、いまの会社がないと生計が立てられないというのは個人からすれば非常に大きなリスクといえます。仮に会社の業績が悪化したり、倒産したりしてしまった場合、自分も共倒れとなってしまうからです。

ですので今の会社があってもなくても、しっかりとやっていけるスキルと経験を積むことが必要です。その上で今の会社やチームにしっかりと貢献し、自分の未来を自分の力で切り開くことができるようにならないといけません。

どこでも働ける経験値を得ることで、自分の視野が広がり、自分の守備範囲が大きくなっていきます。そうすることによって今やっているビジネスをもっとグローバルに捉えることができるようになったり、業務提携や他社とのタイアップなどもビジネスに取り入れていくことができるようになるでしょう。

より大きなフィールドで、より大きな成果が出せる人になる、それが営業経験を積み重ねていくことによって可能になると思います。このようなグローバルな経験やスキルをどんどん身に付けることで、営業マンとしてより大きく活躍することができるようになるでしょう。

営業をやってきて良かったと思うことのまとめ

今回は私が営業行ってきてよかったと思うことを3つ紹介しました。営業とはとても大変で苦労も多い仕事です。つらくて辞めたいと思うこともたくさんあるかもしれません。

ですがそのぶん自分の成長も実感できる仕事でありますし、それが給与やボーナスに跳ね返りやすいという仕事でもあります。自分の成長とやりがい、そして給与やボーナス。そのような自分へのメリットをしっかりと整理し、つらいことも苦しいことも乗り越えられる精神と肉体を鍛錬していることによって、営業という仕事を極めていくことができます。

どんな仕事にも、何事にも、メリットデメリットがあります。それがごちゃごちゃになってしまうと、自分の中で気持ちやモチベーションを整理がつかず、頑張ることができなくなってしまいます。

営業のデメリット

営業のデメリットは仕事が忙しく、肉体的にも精神的にも大変なことです。

営業のメリット

自分の成長に繋がり、給与やボーナスに反映されやすいということです。

デメリットを乗り越えなければメリットを得ることはできませんし、メリットだけを得るということは不可能と言えます。

ですのでメリットを享受する代わりに、デメリットをしっかりと乗り越えていく必要があります。メリットデメリットを整理して考えることによって、自分の中で困惑せず営業職というものに向き合うことができるようになるでしょう。

今回は私が営業やっていて良かったと思うことを3つ紹介しました。このサイトでは営業に関するノウハウやコツ戦略や心得などをいろいろと紹介しています。気になる記事をぜひ読んでみてください。あなたの営業マンとしての成長のきっかけになれば幸いです。