営業とは?営業という仕事をわかりやすく解説

営業とは?営業という仕事をわかりやすく解説

営業職とは

営業職とは、商品やサービスを顧客に紹介し、成約を取り付けるために動くセールスの専門家です。企業の売り上げを左右するため、非常に重要な役割を担っています。

営業職にもいくつかの種類があります。新しい顧客を獲得するために積極的なアプローチをする新規開拓営業、既存客への販売を強化するルート営業、メールでのアプローチやホームページや電話でのお問いあわせに対応するインサイドセールスなどです。いずれも受注目標が設定され、それを目指すことが求められる仕事です。

やみくもに営業をしかけても成約には至らないため、非常にスキルや経験を要する仕事といえます。ですが、アイディアや提案次第では、成約率が大きく変わるため、ITの活用や新しい考え方を取り入れたり、同業種や異業種との協業も盛んにおこなわれている分野となります。

営業の仕事内容

基本的な営業の仕事内容は、顧客を訪問し、商品やサービスを紹介し、ニーズに合った提案をして、成約をもらうという流れが基本となります。黙って何もせずにどんどん売れていく商品やサービスでもない限りは、営業担当者が動いて売り上げを確保していく必要があります。

同業他社にはライバル製品があるため、ライバルとの競争にもさらされます。価格競争やサービス競争になる場合もあり、いろいろな面での差別化が必要になってきます。

営業に向いている人とは

人と接して商品やサービスを販売するために、あまりにもコミュニケーションが苦手であるとか、外出することがまったく苦手という方は向いていないといえます。ただ、どんな人でも営業はチャレンジすることができるとと思います。

営業職自体が特殊なスキルや資格を要するわけではありませんので、やる気さえあれば誰でも営業職に就くことはできます。明るく外交的で活発な性格な人が営業職に向いているように感じますが、冷静で沈着、人見知りで人づきあいが下手な人でも、営業として活躍しているケースもあります。性格や人柄だけで成り立つほどカンタンな仕事ではないということです。

戦略的な販売手法やストーリー性のあるプレゼンテーション、顧客思いの人情やITツールを駆使した戦術など、いろいろな要素や特性が営業に発揮されるので、これという正解がない世界でもあります。

お客に喜ばれたい、目標にチャレンジして達成感を得たい、あっと驚くような提案やサービスで他社を圧倒したい、頑張って稼ぎたいなど、人それぞれの営業に対するモチベーションがあります。

営業に向いている方は、自分でなにかを考えて能動的に動きたい人かもしれません。営業職に限ったことでは無いですが、待っていては何も始まりませんし、なにか欲求が無いとなにも動けませんので、自分なりにいろいろと考えて動ける人が良いと思います。

営業をやっていてよかったこと

私は大学を卒業してから20年以上、営業に携わっている。最初は慣れない仕事に困惑したり、辞めてしまいたいと思ったことは何度もあった。営業に向いている性格とも思えなかったし、そもそも人見知りで一人でいることの方が楽な性分だ。

でも、そんな私でも20年くらいたつと、若い営業マンたちに営業の指導をしたり、プレゼンテーションスキルがついて人さまを説得しやすくなったり、大勢の部下を抱えて仕事をするようになっている。営業が苦手という感覚はまったく消え去り、あの頃はなにがそんなに嫌だったのだろうかと思い返すこともある。

人前で緊張することはなくなり、ふてぶてしいほどの度胸がある。あんなに嫌だった飛び込み営業ですら、もはやなにも抵抗がなく、むしろどこかあれば飛び込んでしまいたいくらいだ。売れないのは自分のせいではなく、サービスを理解できなかったか本当に必要でないかのどちらかだと思っているし、どんな商品やサービスであっても、自分ならそこそこ売り込める自信もある。

これはつまりどういうことなのか。きっとこういうことなのだと思う。人として、社会人として、『とても成長した』のだと思う。つらいことや苦しいこと、悩みや迷いにさらされた営業マン人生だった。でもそんなつらいばかりの時期は頑張っていればいつか抜けられる。吹っ切れる。そこまで行ければ、もうこっちのものだ。

営業で培った経験やスキルは、どこでどんな仕事であっても対応できるくらいの幅広い知識と度胸が身についた。営業をやっていたことで、私は『成長できた』のだと思う。

これから営業職にチャレンジする方、ただいま絶賛チャレンジ中の方へ

これから営業職にチャレンジする方や、いままさにチャレンジをしている最中の方は、ぜひ頑張ってみてほしい。失敗することもあるし、ノルマを達成できない時もあるでしょう。会社やチームの居心地が悪い時もあれば、辞めてしまいたいと嘆きたくなる時もあるでしょう。

でも、それって何ですか?それって何だと思いますか?あなたが辞める理由にしたり、つらいと嘆く理由にしているだけではないですか?そこでもがき苦しむことが人生の修行であり、トレーニングなのですよ。別に辞めるのなんていつでもできるんですから、つらいとか苦しいとかの理由で辞めることないです。それ誰視点ですか?

会社が、仕事が、チームが、世間体が、お客が、家族が、いろいろとあなたを迷わすと思いますが、見失わないでほしいです。自分を。

仕事は誰のため、この経験は誰のため、その先にある未来は誰のためですか?自分ですよね。すべては自分のためにあるんですよ。それを必死で乗り越えるのも自分のためだし、その先で得られる経験やスキルも自分のものですよ。

そう考えれば、どんなことも、どんな仕事も、どんな大変さも乗り越えようという気力が出てきます。会社のためだとか、上司や同僚を気にするからつらくなったり、苦しくなるんです。すべては自分のためですよ。

営業職について まとめ

自分が成長することで自分の未来が切り開かれます。つらいこと、苦しいことは自分に必要な修行だと割り切りましょう。それも無しにその先の成功や喜びはないですし、あなたにはもとから努力したり頑張る素養があるはずです。

10年、20年後の自分を想像してみましょう。あの時、自分は不器用だけど頑張っていたんだなって思える人生が良いと思いませんか?頑張るのは今です。辞めるのなんてカンタンですよ。困難な道をあえて選ばないと、その先に良いことなんてないです。営業職に限らないですが、仕事とは自分で自分を苦しめて、痛めつけて、追い込んで、だから成長するものです。

誰かにそれをやられてはいけません。それはパワハラってやつです。誰かのせいにしてもいけません。それは単なる逃げでしかないです。自分で自分のやることを選んで自分を高めていきましょう。

営業職はきっとあなたを成長させてくれますよ。いばらの道のその先に楽園があるんですよ。いまはそれが見えていないだけです。営業職をたくさん頑張って、頑張ったその先のすごい自分に会いに行こうではありませんか!