営業っぽいのに成果が出せない人、営業っぽくないのに成果が出せる人

営業っぽいのに成果が出せない人、営業っぽくないのに成果が出せる人

ぱっと見で営業っぽい人だなとか、営業やってるのにあんまり営業っぽくないなって人っていますよね。営業と言うと体育会のイケイケどんどんで、元気で声が大きくて意識高い系のすごい人というイメージが強いのではないかと思います。ですが営業で成果を出せるかどうかは、営業っぽい人かどうかとは必ずしも連動していないように思います。

なぜなら営業ぽい見た目と成果が出せるかどうかは、少し次元の違う問題だからです。もちろん営業である以上、営業っぽい雰囲気は大切だと思います。ですが営業っぽい感じだからって成果が出ているというわけではありませんし、営業っぽくないのに成果を出している人も大勢いるわけです。これは一体どういうことなのでしょうか?

営業っぽいのに成果が出せない人

体育会系のイケイケな感じで声も体も大きくて、かっこいい営業マンほど成果が出ているような印象があります。提案も食い気味でいきますし、社内からの期待度も高いことでしょう。ですがそういったイメージや見た目の一方的な印象だけでは、営業の成績には結びつきません。

お客からすると業界や商品、サービスに関して豊富な知識があり、タイミングよく適切な提案をしてくれ、面倒見も良くてじっくりと話を聞いてくれる営業が良い営業だと思います。営業っぽいのに成果が出せない人は、独りよがりの提案や一方的なトークをするので、聞いてるお客は疲れてしまい、仮に成約があったとしても『次はもういいや』と言う印象をお客に与えている可能性があります。

見た目が営業っぽいのはデメリットではありませんが、だからって必ずしも営業の成績が良いとは限りません。成果が出せるかどうか、戦略的な営業活動ができるかどうかは、お客の視点に立った提案を考えられるか、アプローチやクロージングのタイミングが良いか、そういったところで変わってきます。空気を読みすぎる必要はありませんが、空気が読めなさすぎるのはまた問題です。営業経験は多いのに成果が出せないという人はそういった点を自己点検して見直してはいかがでしょうか?

営業っぽくないのに成果が出せている人

営業っぽくないとはどういうイメージでしょうか?体も小さくて、声も小さくて、あまり自信がなさそうで、ちょっと頼りなさそう。そんなイメージかもしれません。確かに見た目のインパクトや印象では見劣りする部分はあるかもしれませんが、営業で成果を出せるかどうかについてはまた別問題です。

粘り強いアプローチができ、お客の側に立った視点を活かして提案を考えることができ、クロージングのタイミングもよく、成約後もしっかりとお客のフォローができる。営業っぽくない見た目でも、しっかりした営業ができる人は必ず結果を残すことができます。実際に私もあんまり営業っぽい見た目や性格ではありませんし、いろいろな営業マンを見てきていますが、気の弱そうな営業マンや元気があまりない営業マン、体が小さい営業マン、いろいろなタイプが存在します。

成果が出せている営業マンは、行動が早かったり、ストーリー性のあるプレゼンテーションを考えることができたり、ここぞと思えば電撃的にクロージングを行ったり、自分のお客を本当に大切に思い、何度も何度も足しげく通ったりしています。

ですからお客からも頼りにされ、どうせ取引するなら〇〇さんが良いという形で次々と商談が舞い込んでいます。お客の信頼を獲得するには見た目も大切ですが、やはり営業としてのしっかりした仕事ぶりが大切だということです。

ただし、営業はやはり見た目も大切

ただ、やはり見た目が良いことに越したことはありません。シワのないスーツやピカピカの靴、センスの良い鞄や名刺入れ、小物類、髪型や顔つき、姿勢など、人に接する仕事ですから清潔感やちょっとしたこだわりなどは大切にしてください。

営業職の人の中には実力は大したことがないのに、見た目のインパクトで客を圧倒するタイプの方もいます。なんだか凄い営業が来たと言う圧倒的な存在感でお客を取り込んでしまい、商談が決まる頃にはなんだかこの営業の人は口ばっかりで大したことないと思われているけど、もうここまで話も進んでしまったし契約に至ってしまうというタイプの人も実際にはいました(笑)

ですからあまり見た目の印象を大切にしていない営業マンがいるとするならば、それはしっかりと意識を改めた方が良いと思います。一番良いのは見た目も良く、そして実力のある営業マンです。そういった営業マンを目指したいものですね。

営業っぽいのに成果が出せない人、営業っぽくないのに成果が出せる人 まとめ

営業ぽいのに成果が出せない人、営業っぽくないのに成果が出せる人ということでお話をしてみました。営業っぽくなくて成果も出せないという人がいるならば、それはいろいろと考え直さないといけないと思います。成果を出すということは少し時間がかかることですので、まずは営業っぽい清潔感や服装、髪型、持ち物に少しお金をかけてみましょう。

ブランド品でなくても良いです。高価な品、高価なスーツでなくても良いです。クリーニングをし、きちんと身だしなみを整え、誠実そうなすっきりした印象を与えられるように心がけましょう。毎日鏡を見たり、家族や友達に見た目の印象を聞いてみましょう。

自分では気づいていない見た目の欠点やクセなどがあるかもしれません。そういったことは指摘があれば素直に受け入れ、自分を客観的に観察してみましょう。そういう素直な心や客観的な視点が持てるようになれば、自分の考え方や物事に対するこだわりが変わり、だんだん成果が出せるようになるかもしれません。

もともとルックスも良く、いわゆるイケメンあるいは美女であればアドバンテージも大きいと思いますが、みんながそんなルックスとは限りません。ですがきちんとした身だしなみや見た目の印象を心がければ、それで十分なのです。

あとは笑顔と大きい声を出してみましょう。笑顔は顔の体操をすると良いですよ。顔の筋肉がほぐれ、自然な笑みが作れるようになってきます。大きい声は日頃の心がけが必要です。ごもごもと喉の奥で声を発するのではなく、お腹から頭上に向かって声を突き上げるようなイメージで発声をしましょう。車で営業をされる方は車内で歌を歌ったりすると、声が通りやすくなると思います。聞き取りやすいはっきりした喋り口調で、遅すぎず早すぎないペースで話すのが相手も心地よいと思います。

営業として働き始めた方や営業でなかなか成果を出せない方は、是非このサイトの他の記事も読んでみてください。営業歴20年以上の私が、さまざまなコツや戦略、ノウハウなどをご紹介しています。気になる記事を読んでみて、明日の営業活動のヒントにしていただければ幸いです。